2011年10月02日

リッジのハブを開けてみた

リッジのハブを開けてみた

ミヤタのリッジランナーです。買ってから既に20年近くになるんでしょうかね。自分の手元に来てから3年ですが・・

今日、意を決してハブのグリスアップにチャレンジしました。

ハブ用のレンチなんて持っていないので、ダイソーで薄型スパナってのを購入。あっさりハブボルト〜玉押しまで外すことが出来ました。

覗いて見ると・・・うわーどろどろw

でも

グリスは劣化しているものの量的にはしっかり残っています。ベアリングもハブ内部も綺麗でした。
さすが国産。そしてしっかりとした組み上げだったんだなぁと遠い目。

パーツクリーナーでシャバシャバ洗い流して綺麗にしてから、新しいグリス(汎用、いいじゃん)を盛ってベアリングを再セットしました。

前後ともやって1時間ちょっとかかったかな。玉押しの締め具合に自信が持てないので、ちょっと乗ったらまたがたつきないか確認することにします。


今日作業するまで、スプロケット外さないとハブのグリスアップは出来ないんだと思ってました。
やってみなきゃわかりませんね〜

posted by 富士五湖住人 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48290091
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック